中古住宅を購入してリフォームを行って綺麗になった

築30年の中古住宅を購入して自分で住宅リフォームをおこなって住むことにしました。

建物はいろいろな個所が傷んでいて生活が出来る状態ではなかったので、まずは引っ越しをする前に1階の内装や外壁、屋根などを徹底的にリフォームしました。

また、トイレ器具等も老朽化して破損している個所があったので、併せてリフォーム工事を実施しました。

また、建物の耐震性能にも不安があったので、内装のリフォームを行う際に、筋かい等の状況を確認して耐震改修工事を実施しました。

住み始めてからもいろいろな部位の修理を続けて、ユニットバスやキッチン設備等の新しくしました。

全体的にリフォームを行ったおかげで、見た目は新築住宅のように綺麗になったので、最初は中古を購入することに反対していた家族のメンバーもすごく満足してくれました。

2階の部屋の内装改修工事が後回しになっていましたが、入居してから2年後にはすべての部位の住宅リフォームが完了しました。