私が理想とする住宅リフォームにつきまして

私が理想とする大分市で木の家へ住宅リフォームにつきましては、まずは、やはり高齢者の両親のことを考える形で、全面リフォームにする必要性があると言うことでありました。そこで私は、高齢者の母親が時には車椅子に乗って自宅内で生活することがありましたので、その車椅子の状況に合わせて母親の動線に合わせてバリアフリーにすると共に、手すりを付けてあげる重要性が肝要であると思いました。また、バリアフリーにすることによりまして、新たな発見も生じる形で私が実践できた内容としましては、お風呂場とトイレの壁を取り除く形で万が一、トイレで失敗した時につきまして、速やかにお風呂で洗えるようにすると言う内容であったのですが、リフォームも兼ねて壁を取っ払ってしまいました所かなり成功でありました。母親も自分自身でトイレについて失敗して家族を呼ぶことについて気にかけていたみたいな形でありましたので、住宅リフォームすることで、家族がより住みやすくなる形で改良することができました。